綿棒のイメージ

綿棒の用途

綿棒は大きく分けて一般用(化粧用など)、医療用、工業用があり弊社では3分野にわたって綿棒を製造しています。

製品一覧へ戻る

一般用綿棒(化粧用など)

一般向けには、耳や鼻のケアに利用する綿棒が最もポピュラーで、大人用、赤ちゃん専用があります。ホームセンターや薬局、スーパー・マーケット、コンビニエンスストアで見られる綿棒の殆どがこのタイプです。
これらの綿棒にはよく見かける形のほかに、スパイラル形状のものや粘着性のあるもの、またベビーオイルを染み込ませてあるものなどがあります。その他にも、化粧用があり、メイクやネイルケア、ボディケアなどに使用されています。近年はペット専用のものを登場しています。

医療用綿棒・工業用綿棒

医療用は主に細菌検査や耳や鼻の清掃、消毒用、透析セットに含まれるものなどがあり、主に液体につけて使用する事が多いので、軸が長く持ちやすくなっているのが特徴です。綿部の形状も小さなものから大きなものまであります。医療用は無菌であることが絶対条件であるため、高い精度での品質管理が要求されます。
工業用は、主に精密機器製造のシーンによく利用されています。小さい、狭い場所に利用されるので、細いのが特徴です。精密機器が相手だけに、高い精度でのサイズ誤差が要求されます。